岡崎純黒にんにく

岡崎純黒にんにく
MENU

純黒にんにくのココがスゴイ

 

 

純黒にんにくは、独自の遠赤効果で30日以上熟成させ、胃にも優しく食後の匂いもほとんど気になりません。

 

ドライプルーンのような味わいで、みかんのように皮をむくだけでそのまま食べられるんですよ!

 

白いにんにくと比べて、S-アリル-L-システイン16倍・アルギニン3倍・総ポリフェノール6倍と増加しているスーパーにんにくです。

 

健康をサポートする各種アミノ酸も増加していて栄養満点です。

 

そんな純黒にんにくは、2008〜2017年、モンドセレクションで10年連続受賞しました。

 

世界に認められた品質の純黒にんにくは、美容と健康維持を強力にサポートしてくれますよ!

どうして黒くなるの?

収穫した真っ白なにんにくを、約40日間熟成させることで真っ黒なにんにくになります。

 

温度・湿度を適正にした環境のもとでにんにくは白から褐色へ変化し、徐々に黒くなっていきます。

 

この色の変化は、微生物の関与なしに、にんにくに含まれる糖質とアミノ化合物が化学反応することによるものです。

 

熟練した職人が、手作業で毎日毎日熟成具合をチェックして、我が子のように大切に黒にんにくを完成させます。

 

一片一片も、遠赤外線を利用した最新の熟成設備で中までじっくり加熱するからとっても柔らかくなりますよ!

素材にもこだわっています

純黒にんにくに使われているにんにくは、青森県産100%。

 

国内にんにく生産量8割を占める青森県で獲れる福地ホワイト六片種のみを使用しています。

 

福地ホワイト六片種は、雪のように真っ白で身の締まった一粒が大きいにんにくです。

 

中国産などは12片前後のところ、福地ホワイト六片種は名前の通り6片前後からなっています。

 

風味が良く、料理にも最適なことはもちろん、ドライプルーンのような食感で子供にも大人気!

 

にんにく専用冷蔵設備・黒にんにく熟成設備を備えているので、素材の新鮮さも常にキープしています。

このページの先頭へ